本文へスキップ

Farm products Pesticide-free

お電話はお気軽に!

無農薬ブログ-天然毒の経験的安全性PESTICIDE-free blog



 植物は、虫や細菌などから自身を守るために、しゅう酸などの毒成分を備えています( 天然毒 )。これに加えて、さらに収穫量を増やすために、さまざまな化学農薬が用いられてきました。

 人類は、長い経験から、調理方法などにより、「 天然毒 」を無害化する方法がわかっています。  
 一方、「 化学農薬 」はその増産への貢献を評価すべきながら、安全性を経験的に確認できていない以上、安全性に疑問の余地がないわけではありません。

天然毒と化学農薬

 植物ほかは、もともと虫とか、人や草食動物から身を守るために、体内に毒を備えていました( 天然毒 )。その中には、きのこ毒・ふぐ毒・かび毒など大変に強いものもありますが、人類の長い摂取経験に基づき、天然毒の多くはその存在が知られています。

 そして、人は植物ほかを摂取するに当って、天然毒を無害化する方法を見出してきました。切除・発酵・加熱・食べ合わせの禁忌、などです。これらの方法は、調理方法に織り込まれ、長期にわたる経験 いわば人体実験を経て、無害化が検証されてきています。
 少なくとも現在は、日本人が普段食べる植物ほかにつき、既に知られている方法によれば天然毒が残ることはないでしょう。

 一方、農薬は、食料増産に不可欠なものとして、「 科学的安全性評価 」を経て、販売されてきました。その試験方法は法律により規定されていますが、ある一定量以上残留すると危険性があるけれども、それ以下では無害である、という「 閾( しきい )値 」理論に基づいています。

 「 科学的安全性評価 」は科学的、あるいは合理的に設定されたものと思います。しかし、実際のところ、その試験に合格した農薬のうち、後に有害影響が判明し使用禁止になるものも過去に数多く出ています。

 また、他の化学物質との組み合わせによる毒性の変化を確認することは、その組み合わせ数の膨大さを考えると現実的ではありません。ですので、販売許可の前提となる、「 科学的安全性評価 」の過程では、現在全くおこなわれていません。
 それぞれの農薬について、単独での、「 科学的安全性評価 」がおこなわれているだけです。

 この点に限らず、現在の「 化学的安全性評価 」は、一定の前提条件を置いて科学的実験をおこない、実験動物に対して安全であることが確認できたということだけのことなのであって、その一定の条件を外れて、絶対の安全を保証するものではないということを念頭に置く必要があります。
 そういう意味合いで、全ての新規物質は、程度の差こそあれ、その販売開始後、経験的に安全性が確認される期間を必要としていると考えます。

 実際のところ、食品よりもさらに厳しい「 科学的安全性評価 」を求められる医薬品であっても、個別被害の原因究明が困難で、被害発生群の傾向から原因物質をたどらざるを得ない、被害事案があります。この場合、ある程度の規模で被害が発生するまでは、傾向を見極めることもできません。

 毒性には、急性毒性( 即時有害影響が出る )と慢性毒性( 長期間暴露すると晩発性有害影響が出る )とがあります。慢性毒性は、晩発性のため始めのうちは安全と勘違いしがちです。そして、後年有害影響が出始めても、因果関係が明確になるまでに長期間かかります。

天然毒の経験的安全性

 食べ物に関する知見は、天然毒の存在・処理方法に限らず、先人の知恵の集積と考えることができます。

 食べ合わせの禁忌として、「 天ぷらとすいか 」、「 酒とからし 」などがあります。これらは科学的実験によりわかったことではなく、多くの人の長期間にわたる食事経験により、経験的にわかったことです。

 考えてみれば、もともとすべての食べ物は、最初に勇気を出して食べてみた人が居たわけで、その経験の集積が今に至っていると考えることもできます。そういう意味で、新規物質を食べることはすべて、人体実験という要素があります。

毒に関する私どもの考え方

 私どもは、天然か否かを問わず、毒に対しては経験という要素を重視しています。

 基本的に、人々が従来食べてきたものを、同様に処理して食べる限りにおいては、長期にわたる経験に基づき、天然毒は心配しないで良いと思います。

 一方、( 後述しますが )新規物質は利用開始後 20 - 30 年間は、経験的に安全を確認している期間と考えた方が良いです。その期間内に様々な有害影響が現れ、販売許可を取り消された事例もあります。

 私どもは、その期間中は、食べ物は、体内に入るので、新規農薬であるというだけの理由で、摂取を避けることを、お勧めできるものと考えています。

 女性の卵子( 卵胞 )は母親の胎内に居る間に作られ、子本人が生まれてから新規に作られることはありません。そういう意味で、母親は、子供にとどまらず、孫の身体をも作っていると言うことができるでしょう。
 ですので、特に、妊娠可能な女性・妊婦・幼児・子供・青少年が摂取する食べ物に関しては、なおさらです。

 同じ文脈で、長期にわたり使用されて被害が出ていない化学農薬は、経験的に安全性を確認されていると考えます。

龍南兄弟社 無農薬ブログ

商品画像

無農薬にこだわる
お勧めする理由

商品画像

無農薬にこだわる
天然毒の経験的安全性

商品画像

無農薬にこだわる
化学農薬の種類

商品画像

無農薬にこだわる
殺虫剤の危険性

商品画像

無農薬にこだわる
米作の経済

商品画像

無農薬にこだわる
すべては肥料から

商品画像

無農薬にこだわる
有機肥料の問題点

商品画像

無農薬にこだわる
化学肥料は安全

商品画像

無農薬にこだわる
緑の革命その後

商品画像

無農薬にこだわる
土壌喪失とグリホサート

商品画像

無農薬にこだわる
食料自給率が下がる理由

商品画像

無農薬にこだわる
野菜の産地リレー

商品画像

無農薬にこだわる
野菜の産地リレー:2




会員様ログイン・新規ご登録

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]



運営会社:有限会社 龍南兄弟社

Since 2003
ご注文は、オンラインで、いつでも承ります。

電話・e メール・ご注文対応などは、
土日祝日を除く、平日 午前 10 時 - 午後 6 時 に承っています。

年末年始、盆休みなどは、原則暦どおりです。






※ パソコンでご覧の皆様は、お使いのブラウザーにより、うまく表示できない場合があります。

 Microsoft Edge, Google Chrome で、動作確認ができていますので、よろしければ、こちらでご確認ください。
 Google Chrome ウェブブラウザーのダウンロードは、Google サイトより可能です。