本文へスキップ

Farm products Pesticide-free

お電話はお気軽に!090-5527-6938

無農薬ブログ-殺虫剤の危険性PESTICIDE-free blog



 化学農薬の国内販売量は、その 35 % ほどが除草剤で、残りは殺虫剤 35 % ほど、殺菌剤他が 30 % ほどになります。( ポストハーベストは、「 栽培目的利用 」ではないために、農薬の分類には入りません。)

 農薬の安全基準は、科学的方法で設定されていますが、経験的な被害発生があれば、それを織り込むことを前提にしています。そして、現在においても、安全性を高めるための研究が継続しています。

殺虫剤の歴史

 化学殺虫剤は、戦後、使用が始まり、近年では、ピレスロイド系統、カーバメート系統、有機リン系統が、おおむね 1 / 3 ずつ販売されてきました。

 ピレスロイド系統は、長い期間の使用経験において、昆虫には効果があるけれど、人間に対しては効果が少ない、比較的安全な殺虫剤として知られています。( 一部、新規の有効成分もあります。( ペルメトリン ))
 家庭用に身近なところでは、無臭防虫剤、ゴキブリ殺虫剤などがあります。対象となる昆虫の範囲が他に比べて狭いのが難点です。

 幅広い昆虫に効果がある、殺虫剤は、有機塩素系統、有機リン系統、カーバメート系統、ネオニコチノイド系統が開発されてきました。

 これらは皆、昆虫の神経系阻害剤です。そして、昆虫の神経構造と人間の神経構造とは基本的に同じである為に、人間への危険を回避する方法は薬剤摂取濃度の違いによるしかありません

 昆虫には効果が出やすく、人間には効果が出にくい、つまり、昆虫毒性と人畜毒性との相違が大きい、より安全な殺虫剤を探索する努力が、依然として続けられてきています。


 有機塩素系統は、DDT などがありますが、人畜毒性が高く、残効性が高いのが問題で、多くが既に使用禁止になっています。しかし、土壌からは、現在でも 10 年以上前の DDT が検出されることがあります。

 有機リン系統は、サリンで一躍有名になりましたが、マラソン、メタミドフォスなどがあります。残効性は低く、その点は有機塩素系統より改良されたものの、人畜毒性が高く、系統内で新規類縁化合物( オルトラン( 水溶性 )など )が開発されることで改善され続ける一方、一部がその危険性から使用禁止になりました。ネオニコチノイド系統と作用機作が同じで、ネオニコチノイド系統が開発された後は、世界的な傾向としてネオニコチノイド系統への切り替えが進められています。

 カーバメート系統は、デナポンなどがあります。残効性が高く、人畜毒性が高いですが、作用機作が有機リン系統と重ならない為に、薬剤抵抗発現を防ぐために、ローテーション散布で用いられます。

 ネオニコチノイド系統は、残効性が高く、ほぼ全てが水溶性であることから、収穫物の内部に浸透移行してしまう一方、暴露による人畜毒性が低い為に( 昆虫毒性と人畜毒性との差異が有機リン系統よりも大きいために )、有機リン系統から、切り替わりつつあります。世界の農薬メーカーが新規類縁化合物の開発にしのぎを削っている分野です。
 しかしながら、近年ヨーロッパを中心に、蜂群崩壊の多発を受けて、ネオニコチノイド系統化合物の一部については室内使用に制限するなど、事実上の使用禁止、あるいは、規制に向けた動きがあります。

ネオニコチノイド系統殺虫剤の登場

 ネオニコチノイド系統は、利部伸三岐阜大学教育学部教授によるイミダクロプリドを嚆矢として、主に日本で開発が進みました。現在、日本で農薬登録されているネオニコチノイド系統農薬 7 剤のうち、6 剤が日本で開発されたものです。
 従来使われていた、有機リン系統よりも人畜毒性と昆虫毒性との格差が大きいことから、農薬散布中の暴露を余儀なくされていた農家に大いに受け入れられ、世界中で有機リン系統に代わり、大きく販売を伸ばしています。

 一方、農薬の使用許可を得る上で、有用昆虫など( 蜂、カイコ、天敵昆虫、鳥、魚など )に対する影響という試験項目がありますが、その内の、蜂への影響が発生しているという疑いから、ネオニコチノイド系統はその安全性につき議論されています。

 ヨーロッパでは、暫定的に使用許可を取り消すことが法的にできますので、蜂への大きな被害を疑われた段階で、ネオニコチノイド系統化合物の一部を、因果関係を含めて、安全性再評価のために、暫定的に取り消しました。( 暫定期間中の再評価で、人間に対してではなく、蜂に対する毒性を認めて、最終的に「 屋外使用禁止( 温室内使用に限定 ) 」となりました )。

 新規化合物の安全性は使用してみないとわからない余地が残されているので、販売開始後に実際の使用で疑義が出た場合には、「 化学的安全性 」に固執するのではなく、早い段階で販売許可を見直し、より安全なネオニコチノイド系統ほかが開発されるように、農薬メーカーを促すことが望ましいと考えられます。 

 過去にも特に新規系統農薬が「 科学的安全性 」評価を経て販売開始されるたびに、販売開始後約 20 - 30 年の間には、被害が明確になり一部が販売禁止され、ということが繰り返されてきました。

 この「 予定された実験販売期間 」への対処として、ヨーロッパには、再評価のための暫定的な販売禁止期間を設定することができる法律がありますが、日本にはありません。被害との因果関係が明確になるまで、販売を継続できます。

 この法律の不備を埋めるためにも、農薬メーカーの自主的な対応が求められます。特に、他国において安全性を疑われているにもかかわらず、「 化学的安全性 」を盾に販売を継続するのは、農薬という危険な化学物質を扱うメーカーとしての矜持を問われる声が上がるのも仕方がないことでしょう。

 ネオニコチノイド系統農薬に関する議論の問題点はそこにあります。
 批判の多くは、ネオニコチノイド系統殺虫剤をすべて危険ととらえ、一括して禁止を求めます。しかし、殺虫剤の歴史を考えると、それは、有機リン系統殺虫剤に戻れ、ということでしかなく、少し乱暴な議論に思えます。

 また、農薬メーカーも、危険性を指摘されながら販売継続に固執しています。これは、「 科学的安全性評価 」を絶対的な安全とする考え方に基づいているのですが、それは歴史的事実に反します。販売開始後、20 - 30 年間は、新規系統内の一部の危険な有効成分について、淘汰がおこっても不思議はありません。

 農薬に限らず、天然には存在しない物質はすべて、可能な危険性を検証し尽くしたうえで、販売開始されるわけではない、と理解する方が現実的なように思います。

 そして、実際に販売開始後に、危険性につき疑いが生まれたら、固執せずに、新たな類縁化合物の開発を求める方が建設的だと思います。

農薬に関する私どもの考え方

 「 世界各国の単位面積当たり農薬投入量の比較 」において、日本は農薬の投入量が多い、と指摘する声があります。
 元データが、各国の統計データを集約しただけのものであり、農薬の定義が同一ではないなど、その統計の絶対値を議論することに疑問はありますが、大きな傾向はわかります。アジアは多く、ヨーロッパは少ない。これは大きくは、栽培環境、気候によるものです。

 日本のような高温多湿傾向の栽培環境では、農薬の必要性は高いと思います。冷涼な気候のヨーロッパと比べて云々というのは、ナンセンスです。前提条件が違いすぎます。農業は工業とは異なり、それぞれが直面する土壌・気候条件とは切り離せません。ですから、この日本の自然環境において、農薬の効能をすべて否定するつもりは全くありません。アジアにおいて農薬は必要です。

 しかし、一方で、新規系統化合物に関する「 科学的安全基準設定 」には、多かれ少なかれ、販売開始以後に経験的に安全性を確認する余地が残ることが前提となっています。
「科学的安全性評価」には、さまざまな考えられる前提を置くのですが、農薬メーカーが負担する研究開発コスト・評価コストとの兼ね合いがあり、また、人間の体内での代謝がすべて解明できているわけでもないので、完全な安全性評価などあり得ません


 農薬に関する議論は、安全か、危険かという二元論の場合が多く、その場合、安全派=まったく気にしない、危険派=過剰に気にする、という形に二極化しやすいように思います。


 天然毒の場合と同様の考え方で、農薬に限らず、新規物質の安全性は、経験的に確認する必要がある、という立場に立てば、
「 化学的安全性 」は、人間が経験的に安全を確認していない段階で、販売開始するために設定された、最低限の「 安全 」基準、と言うことに過ぎませんし、販売開始後 20 - 30 年間は、健康被害が発生する可能性を一定程度織り込んでいる、と考えられます。歴史的な事実を考慮すれば、絶対的な「 安全 」を保証した基準ではありません。

 そうであれば、被害の兆候が見えれば、即座に販売を中止する必要がありますし、長期にわたって被害無しに販売され続けている農薬は、( ほとんどありませんが )経験的に安全が確認されていると言うことができます。

 使用されている農薬の中に、安全なものと危険( かもしれない )ものがあり、消費者にはどちらが使われているかわからないので選択できない、というのが、問題の本質だと思います。
 こうなると、危険な農薬だけはせめて避けたくとも難しく、とりあえず、農薬はすべて避けておくしか、ほかに避ける方策はありません。


 ですので、収穫減を覚悟した上で無農薬栽培を試みることは、消費者にとって、現時点での意味ある選択肢の一つと考えています。

 その圃場の状況を良く知り、天候の変化に対しても長い経験を活かし、無農薬栽培をおこなっていること、そして、販売できる米・野菜・茶を、事実として収穫できていることは、本当に難易度が高いことです。

 私どもの無農薬セレクションは、「 定植後、農薬不使用 」とかの、 「 なんちゃって無農薬 」ではありません。「 年中継続的に無農薬 」です。除草剤も一年中使用していません。

 家庭菜園などをやっている方は、無農薬栽培を試していただければ、販売できる農産物を収穫するまでの難しさを実感いただけます。最初からはあまり実がならず経験も必要だし、いつも気が抜けず、難しいですよ。


 私どもは、 まずは、農薬の必要がないように健康に栽培し、万が一大きな被害が予想されるときには、農薬の力を借りるという、必要最低限の使用に留めるという考え方、 つまり、万が一の時以外は、農薬を予防的に用いず、栽培技術を駆使して、可能な限り避けるという考え方に基づき、無農薬で育てられた農産物をセレクトしてご紹介します。

龍南兄弟社 無農薬ブログ

商品画像

無農薬にこだわる
天然毒の経験的安全性

商品画像

無農薬にこだわる
化学農薬の種類

商品画像

無農薬にこだわる
殺虫剤の危険性

商品画像

無農薬にこだわる
米作の経済

商品画像

無農薬にこだわる
すべては肥料から

商品画像

無農薬にこだわる
有機肥料の問題点

商品画像

無農薬にこだわる
化学肥料は安全

商品画像

無農薬にこだわる
緑の革命その後

商品画像

無農薬にこだわる
土壌喪失とグリホサート




会員様ログイン・新規ご登録

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

商品カテゴリー一覧


運営会社:有限会社 龍南兄弟社

Since 2003
ご注文は、オンラインで、いつでも承ります。

電話・e メール・ご注文対応などは、
土日祝日を除く、平日 午前 10 時 - 午後 6 時 に承っています。

年末年始、盆休みなどは、原則暦どおりです。






※ パソコンでご覧の皆様は、お使いのブラウザーにより、うまく表示できない場合があります。

 Microsoft Edge, Google Chrome で、動作確認ができていますので、よろしければ、こちらでご確認ください。
 Google Chrome ウェブブラウザーのダウンロードは、Google サイトより可能です。