本文へスキップ

Farm products Pesticide-free

お電話はお気軽に!090-5527-6938


龍南無農薬セレクション

無農薬自家消費米・無農薬野菜・無農薬茶を皆様の食卓へ!


 食品の安全性につき、経験的に安全性を確かめるという観点から、安全な栽培環境において、無化学農薬・無有機肥料栽培された米・野菜・茶をセレクトしています。

 化学物質があふれる現代社会において、私たちはさまざまな経路で化学物質を摂取しています。その中で、生活排水による合成洗剤汚染、あるいは、グリホサート系統除草剤、ネオニコチノイド系統殺虫剤などの新規化学物質について、食品由来の摂取を念のために避けておきたい、とお考えの皆様、特に、化学物質過敏症( MCS )、膠原病、アレルギーなどの皆様にお勧めできるものと確信しています。

 「 ゆきひかり 」などの高アミロース米はアレルゲンの含有が少なく、米アレルギーの方に勧められることが多いように思います。しかし、花粉症などにも言えることですが、アレルギーなどの発現は、アレルギー物質とされている物質と一緒に摂取している化学物質により引き起こされている場合も多いです( 花粉の場合は、煤塵 の付着 )。
 表現を変えるなら、合成洗剤・農薬付きのコシヒカリ = コシヒカリ = 米アレルギー と身体が認識しているだけの場合が多いのではないかと思います。この場合は、合成洗剤や農薬を避ければ、コシヒカリを摂取してもアレルギーなどが発現しないことがあります。

 「 コシヒカリ 」は、食用されてる期間も既に充分に長く、経験的に安全性が確認されています。
 実際、私どものお客様の中には、「 ゆきひかり 」から、私どものコシヒカリに切り替えていただいた方も居られます。無農薬栽培のコシヒカリは、食味も良いです。
 私どもは、長期にわたる摂取経験により、安全性が確認されているという観点を重視して、生産農家と消費者を結びます。

 また、科学的安全性については、例えば、ネオニコチノイド系統殺虫剤に、ヨーロッパで蜂群崩壊の多発という事態を受けて、安全性を問う声があります。

 蜂は農業生産において欠かせない有用生物で、新農薬の販売許可を得る際に、化学的安全性を確認する、検査項目の一つです。現行の科学的安全性評価をパスして、実際に販売開始したところ、蜂が大量に死に始めたので、驚きとともに、社会的に問題となりました

 大量死の原因究明のために、様々な研究がなされていますが、その中にネオニコチノイド系統殺虫剤と、有機リン系統殺虫剤などが併存した場合の、相乗効果による毒性増加( 100 - 1,000 倍 )を指摘する、研究があります。

 蜂群崩壊( 全滅 )について、他の原因を指摘する研究もあり、今後、原因究明がさらに進むことを待たなければ断定はできませんが、確かにこの文脈では、科学的安全性が全く確認されていません。

 他の化学物質との組み合わせによる毒性の変化を確認することは、その組み合わせ数の膨大さを考えると現実的ではありません。ですので、現在の科学的安全性評価の過程ではおこなわれていません。それぞれの農薬について、単独での、科学的安全性評価がおこなわれているだけです。
 人も食品を摂取する際に、蜂同様に複数の食品( に付着した複数種類の農薬 )を摂取しているのですが、多重複合した場合の安全性は、新農薬販売開始、経験的に確認するという進め方になっています。

 そもそも絶対の安全を確認する科学的方法などありえません。
 限定された前提条件を置いて科学的実験をおこない、実験動物に対して安全であることが確認できたというだけのことなのであって、全ての新規物質は、その販売開始後、経験的に安全性が確認される過程を、程度の差こそあれ、必要としていると考えても間違いではありません。
 これは新規物質全般に言えることなのであり、体内に摂取する場合には、特に注意しても無駄ではないでしょう。

 従って、新規物質であるというだけの理由で、摂取を当面の間、避けるという進め方は、様々な新農薬などが開発されて使用されている現状を踏まえると、お勧めできるものと考えています。

 女性の卵子( 卵胞 )は母親の胎内に居る間に作られ、子本人が生まれてから新規に作られることはありません。そういう意味で、母親は、子供にとどまらず、孫の身体をも作っていると言うことができるでしょう。ですので、特に、妊婦・幼児・子供・青少年が摂取する食品に関しては、なおさら安全・安心を重視してもすぎることはないと思います。


 川上の中山間地域棚田などにて、無農薬栽培をおこなうには、栽培技術・経験が不可欠ですし、また、除草の手間を考えると、取り組める面積は限られたものになります。除草剤を使わなければ、大規模営農は苦しいでしょう。

 私どもは、栽培技術を駆使した、小規模生産者の米と野菜・茶を扱っています中山間地の無農薬栽培で、反当たりの減収がありますので、小売販売価格は上がりますが、トレードオフの関係を別に説明しています。端的に言えば、棚田米は圃場が狭く非効率になるからコストが上がる、ということより寧ろ、無農薬・無肥料では収量が劣るので、重量当たりのコストが大きく上がっています。

 私どもは、化学合成洗剤の汚染がないことや除草剤を含め無農薬で栽培したことを、農産物の品質において重要な要素と考えています。



 国民の嗜好がパン食などへ変化していることにより、米の国内消費は毎年 8 万T ほど減少し続けてきました。
・一人当たり年間米消費量 1962 年度   118.3 Kg → 2016 年度 54.4 Kg ( 精米ベース )
・日本国国内消費仕向量  1962 年度  1,332 万 T  → 2016 年度 864 万 T ( 玄米ベース )
( 出典:農水省 食糧需給表 )

 継続的な需要減少によりもたらされた供給過剰の下、すべての米を売り切ろうとすると、小売販売価格は継続的に下がらざるを得ません。
 米の多くは地域ごとに混ぜて売られているために、混ぜられたすべての米に対して、一律に小売販売価格の低下がおこり、それに応じて生産者価格が下落しています。
 このような全国的状況のもと、 川下の平野部で大量生産された、大規模営農による低生産コストの米が残り、( 高コストだけれども )私どもの考える、高品質の米は、離農などにより、生産量減少が続いています。近い将来には、低小売販売価格に耐えられる、低生産コストの米だけに収れんしてしまうことでしょう。

 生産者価格の下落に応ずる形で、高コストの小規模生産者が淘汰されるのは止むを得ない、という考え方が広く受け入られています。
 工業分野で良く見られる、自由競争の結果生ずる淘汰のようにも見えます。しかし、農産物は工業製品とは異なり、外観は同じでも個々の内容は大きく異なります。従って、消費者による、個々の商品品質の吟味・選択・値踏みが本来は必要です。工業製品よりも個々の商品品質のブレが大きいからです。

 現在の流通で広くおこなわれているように、地域ごとに集荷された米を全て混ぜて販売すると、生産者個々の米の品質差が表れなくなってしまいます。そうなると、消費者には小売販売価格以外に選択基準がありません。

 個々の生産者にしても、混ぜられて、一律に低い生産者価格がつけられるのであれば、選択肢としては、
・現行の流通の枠組みの中で、なるべく高く売れるように、そして、たくさん作る( = 農薬を用いて、病虫害を防ぎ、外観を綺麗に保ち、肥料で増産する )、
ほかありません。上記以外の余計な手間は省かざるを得ません。

 生産者価格が小規模生産者にとって、コスト割れ、あるいは、低収益にとどまっている現状では、
・販売を避け、自分、あるいは、親戚など周辺で消費する( 自家消費米 )、
あるいは、
・離農
という選択肢も出てくることでしょう。

  家業を次世代に引き継ぐことができずに、生産農家の平均年齢が年々上がってゆく現状は、消費者にとって看過して済ませられる事柄には思えません。

 そして、対策の一つに、
品質に応じて多様な価格を形成することがあると考えています。
 今回私どもは、上質な無農薬自家消費米・野菜・茶を個々の品質に応じた価格設定で、生産者と皆様を直接結ぶお役に立ちたいと考えています。


 食べるもので人間の身体と精神は作られています。上記事情をご高配の上、よろしくご検討ください。

Launching Just Now !

商品写真

無農薬玄米-1 10 Kg
自家消費米・新米

セール価格
12,000 円

商品写真

無農薬玄米-2 10 Kg
自家消費米・新米

セール価格
6,000 円

商品写真

無農薬野菜セット
水洗いで食べられる

Coming Soon !
4,000 円

商品写真

無農薬緑茶 80 g
茶葉まで食べられる

 
810 円

商品写真

無農薬ほうじ茶 80 g
食べられる茶

 
810 円

商品写真

無農薬紅茶 80 g
食べられる茶

Coming Soon !
810 円


龍南兄弟社 無農薬ブログ

公式ブログ

無農薬にこだわる
天然毒

公式ブログ

無農薬にこだわる
化学農薬

公式ブログ

無農薬にこだわる
殺虫剤

公式ブログ

無農薬にこだわる
米作の経済

公式ブログ

無農薬にこだわる
すべては肥料から

公式ブログ

無農薬にこだわる
有機肥料



インフォメーション

2020 年 1 月 6 日
 私どもは、取扱商品を「 米・野菜・茶 」としました。

 共通するテーマとして、無農薬栽培、大きくは、化学物質過敏症 ( MCS )・膠原病・アレルギーなどへの対策として取り組んでいます。

 お客様の「 おいしく食べられた 」という声はとても励みになります。調達コストは高価ですが、販売コストを効率的に切り下げ、共同購入ベースの販売価格設定に努力しています。

 どうぞ末永くご愛顧のほど、よろしくお願いします。

会員様ログイン・新規ご登録

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

いよいよ新米スタートです!



  • お待たせしました。
  • 2019年収穫分 新米を順次、販売開始です。
  • この時期、農家さんからうれしい便りが順次届きます。新米の季節ですね。
  • よろしくご検討をお願いします。

商品カテゴリー一覧


運営会社:有限会社 龍南兄弟社

Since 2003
ご注文は、オンラインで、いつでも承ります。

電話・e メール・ご注文対応などは、
土日祝日を除く、平日 午前 10 時 - 午後 6 時 に承っています。

年末年始、盆休みなどは、原則暦どおりです。






※ パソコンでご覧の皆様は、お使いのブラウザーにより、うまく表示できない場合があります。

 Microsoft Edge, Google Chrome で、動作確認ができていますので、よろしければ、こちらでご確認ください。
 Google Chrome ウェブブラウザーのダウンロードは、Google サイトより可能です。